気軽に遊べるドラフトゲーム「すしごー」|ボードゲームレビュー

すしごー ボードゲーム

回転寿司で寿司をゲットするゲーム。 絵柄のかわいらしさもあって、日本のゲームかと思いましたが、 オーストラリアでデザインされたとのことです。

プレイ人数:2~5人
プレイ時間:15分
推奨年齢:8歳~

スシゴーの遊び方

いわゆるドラフトゲームです。

手札から欲しいカードを一枚とって、残りを隣の人に回す。 これを繰り返して得点を得ます。

基本のにぎり

スシゴー
にぎりカード。なぜこの3種類にしたし。

下に書いてある点数がそのままもらえます。

サイドメニューは高得点のチャンス

すしごー
突っ込みどころはここには書ききれない。

エビフライ天ぷらは2枚集めると5点。 お刺身は3枚集めると10点(着色料がすごそう) 規定枚数集まらなければ0点です。 餃子は集めれば集めるほど得点UP。 てかオーストラリアの回転寿司には餃子があんの?

巻き寿司は誰よりも多く取れ

すしごー|巻きずし
巻きずし。具が謎。

1ラウンド終了時点で一番多く取った人に6点、2番目の人に3点入ります。 それ以外の人は0点。 1位が2人以上いたら6点を山分け。 2位が二人だったら1点ずつだそうです。

オプションは上手に利用しろ

すしごー
プリンは何の液体に浸かってるのかね

わさび…「次に取ったにぎり」の得点が3倍に。次が巻きずしで、その次がサーモンだったらサーモンが3倍です。 次がたまごでその次がイカだったら、たまごが3倍です。

おはし…カードを選ぶ段階で「すしごー!」と叫ぶと2枚選んで取ることができます。代わりに「おはしカード」をドラフト用のカードに混ぜておきます。

プリン…全3ラウンドで一番多く取った人に+6点、一番少ない人はー6点

全部で108枚あるカードの中から規定枚数取るので、どのカードが何枚流れているかは全くランダムです。

すしごーのプレイレビュー

スシゴーの遊び方

写真撮るの忘れたので1人で再現画像です。 本当に友達と遊んだんだからね…!

4人プレイだったので8枚スタート。 残りは山札にして置いときます。

スシゴー|ボードゲーム感想

最初はこの8枚。無難にイカで3点取ります。

各自一枚ずつ取って次へ

二巡目。お刺身は集まらないと怖いので保留で、おはしを確保しておきます。

対面が巻きずしのリード広げてるので、取るのやめとこうかな。

3巡目。取るのやめとこうと思ってた巻きずしがいっぱい…。 この3個入り取っとけば2位にはなれるかも?

あれ、誰も刺身集めてないね

4巡目。よし、ここだ!「すしごー!」

なんと対面が同じこと考えてた!

5巡目手札撮るの忘れてたけど、無事刺身コンプリート。でもこの巡目で上流がまだ「おはし」持ってるのが気になる。

そういえばプリンは一枚しか入ってなかったのね

6巡目も撮り忘れたけど巻きずし取ってますね。

7巡目。巻きずししかなかった。これで多分2位確定で3点取れそうかな。 と、ここで上流が「すしごー!」。 最後の札は無駄な「おはし」が回ってくることが確定しました。

結果 A(自分)…16点 B …18点 C…16点 D…16点 イカのサビ入り9点がでかかった。

これで1ラウンド終了。 プリンだけ残して残りは捨て札に。 山からまたカードを配って3ラウンドまでプレイし、 合計得点を競います。

すしごーをプレイした感想

一回一回相手の取ったカードを確認できるのがミソで、 相手の邪魔をするのか、自分の欲しいものを取れば良いのか悩ましく、戦略的な要素も奥が深いと思います。

ただ、我々は戦略よりも、「いかに「良い声で」スシゴー!と叫ぶか」を競ってしまったので、(それはそれで楽しいのですが)次回はまじめに頑張ろうと思います。

商品を取得できませんでした。存在しないASINを指定している可能性があります。
商品を取得できませんでした。存在しないASINを指定している可能性があります。
カードが増えた、「すしごーパーティー」もあります。
商品を取得できませんでした。存在しないASINを指定している可能性があります。

https://www.sundays365.net/bordgame20181224/

コメント