天皇家に名字がない理由とは

天皇家に名字がない理由 おすすめ

日本の天皇、皇族の方々には名字がありません。

秋篠宮、常陸宮などの称号を名字だと思っている方も、もしかしたらいるかもしれませんが、それらは「宮号(みやごう)」といい、独立して生計を立てる皇族男子に与えられる称号です。

皇族の方々に名字がない理由は、
「天皇は姓を授ける側であるから」だということです。

天皇が名字を持っていたら、天皇より上位の存在から授かったものだという理屈になるので、ありえないという理由です。

称号としての「宮」

皇族の方々は幼少期にも称号が与えられ、「宮」のつく名前で呼ばれます。

現皇太子徳仁親王は「浩宮(ひろのみや)」様、秋篠宮文仁親王は「礼宮(あやのみや)」様、といった具合です。

男子だけではなく、女子にも与えられます。
平成天皇の子女、清子内親王は「紀宮(のりのみや)」様、皇太子の子女、愛子内親王は「敬宮(としのみや)」様です。

眞子様や佳子様は皇太子の子女ではないため、この称号はありません。

名字は身分を表す爵位のようなものだった

元々日本人は地名や神様にちなんだ名字を名乗っていましたが、天皇家が姓を与える形をとることになり、すべての名字が支配下に置かれました。

それに伴い、朝廷内で名字(姓)は身分の序列を表すものになったということです。

なんとなく今でも、歴史の教科書に載っているような名字の方と出会うと「おお~」という気持ちになっちゃいますよね笑

コメント