【2019年】初詣に最適な場所(方角)は?|おみくじが凶だったらもう一度引いても良い?

雑学

日本人の習慣のひとつ、初詣
実はこの習慣は歴史が浅く、明治以降から始まりました。
江戸時代以前は「年神様は自宅でもてなす」のが慣習でした。

スポンサーリンク

意外と歴史の浅い「初詣」の習慣。その由来とは?

明治以降、「国家新道」という意識が形成され、学校で「新年拝賀式」が行われるようになったため、神社へお参りするようになったとのことです。

拝賀式とは

戦前、一月一日に全国諸学校で職員生徒が参集し、天皇・皇后両陛下の御真影を拝し、国歌君が代を奉唱した儀式
Weblio 辞書より

また、陰陽道の「恵方参り」の影響ともいわれています。

恵方とは

吉方とも書く。古くは正月の歳神 (としがみ) の来臨する方向をいった。陰陽道が入ってのちは,その年の歳徳神 (としとくじん) ,恵方神がおり,たたり神のめぐってこない最もよい方向とされた。
コトバンクより

恵方というと節分の恵方巻が有名ですが、「良い方角」という意味ですから
節分に限らず有効です。

平成31年(2019年)の恵方は?

平成31年(2019年)の恵方は東北東です。
住んでいる地域の東北東の神社を訪ねてみましょう。

お参りは地元の神社から

毎年有名な神社には参拝者が多く訪れます。

参拝者の多い神社など

関東

明治神宮

明治神宮
渋谷区代々木鎮座。大正9年11月1日創建。明治天皇、昭憲皇太后を祀る。他に神宮外苑、明治記念館のご紹介等。

中部

熱田神宮

熱田神宮トップ | 初えびす 七五三 お宮参り お祓い 名古屋 | 熱田神宮
熱田神宮 三種の神器の一つ草薙神剣の御鎮座に始まる由緒、祭典等のご紹介。

関西

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社
1300年にわたって、人々の信仰を集め続ける「お稲荷さん」の総本宮 伏見稲荷大社の公式ホームページ

九州

大宰府天満宮

太宰府天満宮
太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)は福岡県太宰府市にある、天神さま(菅原道真公)をお祀りする神社です。 2011年12月にリニューアル。おみくじと合わせて季節ごとに色が変化するサイトカラーや、道真公や鷽鳥など太宰府天満宮にまつわるイラストで太宰府天満宮の魅力をお伝えします。 境内のご案内や太宰府天満宮の歴史、お祭...

一種のイベントなので、友達や恋人と、集まりやすい観光スポット等への参拝する人が多いと思いますが、本来の意味としては神様への挨拶になるので、

今年お世話になる地元の神社の神様へ、一番初めに参拝に行きましょう。

おみくじを引きなおすのはNG!

おみくじは「神様からいただく最初の言葉」です。
それを引き直すのは、神様の言葉を疑う行為となるでしょう。

凶を引いたらどうするか

そうは言っても、今年の最初のおみくじが「凶」だったら、いい気分はしませんね。

今年一年悪い年になるんじゃないかと、新年早々不安になってしまいます。

おみくじに書かれているのは吉凶だけではありません。
まずは書かれている教訓や和歌を読み、運勢を受け止めて、
吉と転じることを願って、神木に結びましょう。
結ぶことは、厄を払う意味を持っています。

「どうしても凶を引きたくない!」という人は、
おみくじに凶が入っていない、明治神宮がおすすめです。


スポンサーリンク
雑学
Sundays

コメント