知っておきたい「熨斗(のし)」の作法|お歳暮やお中元、贈り物に「のし」を付ける理由とは?

雑学
スポンサーリンク

「熨斗(のし)」は元々、紙ではなく鮑(あわび)だった

「のし」は、「のし紙」と言われることもありますが、元は紙ではなく「あわび」で出来たものでした。
あわびを伸ばして乾燥させ「のしあわび」と呼ばれていました。

お祝い事には酒の肴として生ものを添える習慣があり、のしあわびを添えていたものが、現在紙でできたものに変化しました。

「のし」を付けてはいけない贈り物がある

弔事(お葬式などお悔み事)は「生臭いものを避ける」という意味で、のしを使うのはNGです。
また、贈り物自体が肉などの生ものの場合も、重複するのでのしを使いません。
それは元々はアワビだったと知れば納得できる理由ですね。

・お葬式などお悔み事で送る品には、のしをつけない
・肉やハムなどの生ものにも、のしをつけない
のしあわびは、結納用などで、まだ販売されています。
スポンサーリンク
雑学
Sundays

コメント